2015/01/15

14 笹結(ささむすび)

伊奘諾尊・伊奘冉尊二柱の神は天浮橋(あめのうきはし)から
海に入れた鉾を引き上げると、鉾の先から滴り落ちた潮が固まって
「於能碁呂嶋(おのころしま)」ができました。

二柱の神はそこに住み、さらに淡路島、本州、四国、九州など
八つの島を開拓され、ここに大八州の国すなわち日本の国ができました。
住民も増え春は花、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪という一大楽園となりました。

ところが、どこから流れ住み着いたのか胴は一つで頭は五つもある
五鬼王という者が現れて悪行を続けたため、武の神、田中明神に
頼んでこの五鬼王を退治するという舞です。


雄勝法印神楽 演目

01 初矢(しょや)
02 両天(りょうてん)
03 三天(さんてん)
04 四天(してん)
05 宇賀玉(うがたま)
06 岩戸開(いわどびらき)
07 叢雲(むらくも)
08 魔王退治(まおうたいじ)
09 五矢(ごや)
10 鬼門(きもん)
11 道祖(どうそ)
12 所望分(しょもうわけ)
13 蛭子(ひるこ)
14 笹結(ささむすび)
15 橋引(はしひき)
16 醜女退治(きじょたいじ)
17 空所(くうしょ)
18 順唄 (じゅんばい) 
19 日本武尊(やまとたけるのみこと)
20 白露(はくろ)
21 釣弓(ちきゅう)
22 産屋(うぶや) 
23 荒神舞(こうじんまい)
24 二之矢(にのや)
25 普照(ふしょう)
26 湯之父(ゆのちち)
27 国譲(こくじょう)
28 獅子(しし)